ToLOVEるOVA第3巻!

サーセン、発売前日だけど感想書いちゃう。



toLOVEruOVA3-PVs.jpg
内容は無いよう

完全にグラビアアイドルのプロモ。
しかも随時キャラソン垂れ流しという酷さ
台詞ほとんど無し。
見てて頭痛くなってきた。
でもエロい
フル勃起状態がしばらく続いた。
でも、キャラソン垂れ流しはあまりにも酷いので、コマ送りで見る事をお勧めする。

それにしても古手川さんの違和感が異常すぎる・・・
春菜ちゃんですらある程度恥じらいあるのに・・・
やっぱりスタッフは何もわかっていない。
その頃、ルンは・・・
toLOVEruOVA3-003.jpg
極寒の地でグラビア撮影・・・即くしゃみ
いくら何でも扱い酷すぎないか?
脚本の加戸はマジで死んだ方がいいかも。

toLOVEruOVA3-002.jpg
リトは、ララのアイテムの誤作動でマロンになる(?)
もうよくわかんない。とりあえず加戸はファンに謝れ。


とりあえず話をリゾートに戻そう。

夕方、夕焼けを見つめて地球の景色は美しいと・・・
toLOVEruOVA3-050.jpg
ヤミちゃん可愛すぎだろ・・・

その夜、春菜&お静は・・・
toLOVEruOVA3-051.jpg
toLOVEruOVA3-052.jpg
何やってんすか・・・いいぞ、もっとやれ

部屋に戻ると、頭を打って暴走し始めたマロン(リト)が・・・
きっと、マロンの本能が暴走したんだろう。決してリトの本能じゃない。
toLOVEruOVA3-053.jpg
toLOVEruOVA3-054.jpg
そのまま股間にキッス・・・したいお
toLOVEruOVA3-055.jpg
これ完全にマ〇コ見えてますね・・・
ところで、バイオロイドって陰毛生えてるのかな・・・
toLOVEruOVA3-056.jpg
toLOVEruOVA3-057.jpg
toLOVEruOVA3-058.jpg
もうらめぇ、勃起が止まらなくて辛いよ・・・

toLOVEruOVA3-059.jpg
暴れないようにベランダに閉じ込められ、自分がマロンになった事に気付くリト。
気付くのおせーよ!
何なのマジで。視聴者バカにしてるの?もう滅茶苦茶だよ・・・

またまたPV
toLOVEruOVA3-PV2.jpg
toLOVEruOVA3-PV3.jpg


そういえば、何かが足りない・・・
そうだ、乳首だ!
toLOVEruOVA3-081.jpg
toLOVEruOVA3-082.jpg
toLOVEruOVA3-083.jpg
toLOVEruOVA3-084.jpg
toLOVEruOVA3-085.jpg
toLOVEruOVA3-086.jpg
意地でも乳首見せない気だな・・・
でも、こっちの方が想像できて興奮するかも!
大変だぁ、おにんにんから変な液体が飛び出てきたよ~
全裸の女の子同士がいちゃいちゃしてて、興奮しない方がおかしい!


その頃、結城家は・・・
toLOVEruOVA3-087.jpg
猿山が差し入れ持ってきたぞ!でもリトの魂はリゾートだぞ!
猿山が始めてまともなキャラに見えた瞬間であった・・・

EDは、リコ仕様のラッキーチューンだぜ!
toLOVEruOVA3-088.jpg
toLOVEruOVA3-rikoED.jpg
映像特典だと水玉無し!
NGワード:ララEDのコラ
それにしてもリコEDは予想外だ・・・
リコの可愛さは異常。
こんなえっちぃ身体してるくせに、精神は男とか・・・犯したくなるじゃないか!

通常版のEDもあるよ!
toLOVEruOVA3-090.jpg
お〇んこを舐めたくなる事に定評のあるララ春菜EDですね!
ぶっちゃけこれで通して欲しかった・・・




とまぁ、全体的にストーリーに不満は多いもののエロさは最強でした。
中身の無いマンガとか失礼な事言う人が結構いますが、このアニメはまさに中身が空っぽです。
そこに目を瞑ればいいオカズアニメなのかも?
それにしてもペドペドしさが完全に抜けてるな・・・
おかゆのペドキャラデザが不評だったのかな?俺は大好きだけど!

とりあえず、次回のとらくえが楽しみすぎて仕方ない。だって長谷見先生脚本だし!


<おまけ>
toLOVEruOVA3-080.jpg
女神のような美しさの春菜ちゃん。
くぅ~!春菜ちゃんに優しく介抱されたいお・・・


toLOVEruOVA3-004.jpg
おいおい、水着着ようぜ・・・
そのまま股をガバっと開いてくれないかな・・・


toLOVEruOVA3-001.jpg
ラガーマン・唯
ペドさが抜けたおかゆの代償がこれだ・・・
中の人と同じ体格にするとか、酷いお・・・でも、名塚さんは美人だよね。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「To LOVEる」アニメ史上最エロ!最肌色率+百合!エロエロ大爆発なOVA版3巻!  

 いよいよ待望の予約限定版コミック第15巻に付属のOVA第3話が、発売されました。(お盆の関係か、もう限定版は発売されています)  圧倒的水...

To LOVEる(OVA第3話) 「南の島へようこそ!!」 ★★★☆☆

何このグラビアPV販促アニメwww 台詞無しでキャラソン PV5分間流すとかもうね。美柑ちゃんは歓迎だけどさ!! 美柑ちゃん主役の心温まる兄妹エピソードで内容が濃かった前回と比べ、今回はまるでプロモーションビデオを見てるような感覚と 言いましょうか。内容自体

コメント

おかゆ!百合!これが桃源郷ね!
お静の中の人が能登さんだったら私は悶え死ぬw

やってしまったな!
これが原因なんだ!『僕の好きなマンガはToLOVEるです。』と言うと『変態~』『下ネタ~』と言われてしまう原因なんだ!!
今回のやつただのヌキアニメだもん!『好きな女の子をズリネタにする』←間違ってない!だから好きなマンガをズリネタにするのも間違ってない!でも、こんなエロDVDを単行本につけるから『ToLOVEる=風太くん=変態』の方程式が……いや、別に不満はない。もっとやってほしい。強いて言うならばオパピー(パをナに変えましょう)しすぎて体がだるいんだ!

以上、暴走気味の風太くんでした。

vanillan>
見た目の通り、お静ちゃんは麻美子だぜ!
女の子同士がいちゃいちゃするのは最高にエキサイティングだぜ・・・

風太くん>
おいおい、落ち着くんだ!
実は今回のDVDで、万引き事件があったらしいのね。しかも犯人は高校生。そんなバカと比べたら変態がどれだけまともか・・・まともじゃないけど!
それに、ToLOVEる=変態だと死ぬ気でマンガを描いてる矢吹神に失礼だよ。

もっとオパピーすればいいと思うよ!

やはり何度見てもララEDのコラにしか見えない件。

いや、あれから何度か見返しましたが、やっぱりストーリーがないのはどうかと…エロさだけは納得の出来なんですが…

唯のラガーマンっぷりには本当に笑ってしまいますww

ルン…

モー牛さん>
ぶっちゃけコラですけど、まぁリコが可愛いので良しとしましょうw

ストーリーあってのエロさですからね、ToLOVEるの良さは。色々な事件が起きて、その上でえっちぃ事が起きてほしいんですけどね・・・

正直、冒頭のラガー唯で観るの嫌になりました・・・でも、作画微妙なのはそのシーンだけでしたね。

ルンは酷すぎます!スタッフが嫌ってるのかな?
長谷見先生はあまり口出しできない立場なのかもしれないですね・・・

初めまして。
ここで書きこむのは初めてになります。

取りあえずは「二度と加戸に脚本を書かせるな」ということですね。
こいつは本当にアニメ版の時の学習能力が無いな・・・
でも作画も結構酷いことになってましたから一概にこいつだけが悪いわけではないのですが。
遠くのキャラとか着替え中のララの股間の位置とか・・・
EDも手抜き前回で岡氏どうしたんだろう・・・

でも「グラビアのプロモーション」と考えれば面白く見れる所もあるのも事実で。
僕はララのシーンを存分に楽しみました。
それからお風呂あとの下着で慌てる春菜ちゃんが非常に可愛かったですww

秋さん>
加戸は、経歴見る限りだと、所謂萌えアニメにはあまり関わってないみたいですね。だからノウハウが無いという可能性も・・・
作画に関しては、同時期にかのこんをやっていた事が大きいんだと思います。それに、ジーベックは作画が凄い作品と、メタメタの作品の差が激しいんです・・
それにしても今回はところどころ酷いですよね。まぁ作画はエロかったので許しますけど。

グラビアのプロモーションと割り切れば、ですけど・・・でも、あんなにはしゃぐ唯は違和感ありすぎで・・・そういう所見るとやっぱり加戸はダメなんだなぁと。あと、キャラソン垂れ流しは酷すぎます。
あの春菜&お静ちゃんこそToLOVEるらしいシーンだと思いますね。あぁいうオリジナル展開なら良いんだけど・・・

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

変態王マックス

Author:変態王マックス
To LOVEると特撮と模型が好きです
特に西連寺春菜ちゃんが死ぬほど好きです

コメント、相互リンク、トラックバック大歓迎です!



Twitter:
ブログ更新通知
@TL_VS_H
https://twitter.com/TL_VS_H

変態王マックス
@hentaio
https://twitter.com/hentaio

あくせすかうんたー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する