FC2ブログ

※ネタバレ注意※パシフィック・リム:アップライジングを観てきた

前作2013年に公開された「パシフィック・リム」から5年
遂に最新作「パシフィック・リム:アップライジング」が公開されました

続編の発表はあったものの頓挫された噂もありましたが、無事公開に辿り着けましたね
前作の大ファンなだけあって、本当に嬉です



って事で早速ですが、観てきました

20180410写真 2018-04-13 20 47 43
箇条書きになりますが、パシフィック・リム:アップライジングの簡単な感想を述べようと思います


以下、ネタバレ注意です





ライバル機オブシディアン・フューリーの登場
怪獣が登場するのは後半だけど、前半はジプシー・アベンジャーと激闘を繰り広げてくれて大興奮
海から登場したフューリーの悪役感が堪らん
でも、前作主人公のマコ殺したのは許されざるよ
寒冷地でのチェーンソード同士のチャンバラと格闘戦で興奮しすぎて過呼吸になりかけた
メフィラス星人2代目みたいにどてっ腹ぶち抜いてトドメ刺すのは爽快でした


操縦ロボものの鉄板、無人機
無人機が登場すると聞いた瞬間、あこれ暴走するなってわかった
結果的に阿鼻叫喚な事に
怪獣に乗っ取られた暴走無人機は、機械と生命体が融合し、ウルトラマンGのプラントバイオス感があった


続投の博士コンビ
今回のハーマン博士は落ち着いた感じがあり、新兵器ロケットブースターをお出しするなど味方側の博士感があって良かった
逆にニュート博士は、まさかの敵側だったとは・・・
コンビがイチャイチャしてる時は見てるこっちもニヤニヤしてたのに、悪堕ちしてると知った瞬間曇った


シャオ産業の女社長
こいつ絶対黒幕だろ・・・と思ったら、割と被害者側だった
最終決戦で結構重要な役割果たしてくれた
決戦後に汗だくになってた姿はエロかった
そいやこの中国人、キングコングにも出てたなぁ


決戦の地、日本
おいそこ、エセ日本っていうのやめろ!
これは未来の日本なんだから、多少異国感あっても大目に見よう
富士山のレアメタルと怪獣の血液が反応すると太平洋を中心に大噴火が起きて人類が滅亡する、なるほどなぁと思いました
マジンガーZの光子力研究所も富士山にあったから、これは意図的にだろうな
丁度この前マジンガーの映画観たから、真っ先にマジンガー思い出したわ


決戦に挑むパイロット
今回はみんな若い少年少女達ってのが、いかにもロボットものって感じがあった
若い方が接続上手く行くと聞き、何となくダリフラを思い出した


イェーガーの活躍
全編に渡って主役機のジプシー・アベンジャーが活躍してただけあって、他の機体にももう少し活躍してほしかった
でも、怪獣3体に立ち向かう4体のイェーガーの姿は大興奮でした


改修されたジプシー
フューリーのダブルチェーンソードを装備したジプシー
敵の武器を転用する、日本のリアルロボットものっぽさをこれじ感じた


ラスボスはまさかの合体怪獣
小型の怪獣が大量に出現した時、これレギオンじゃん!イェーガーにまとわりつくのか・・・
と思ったら、怪獣の方へ向かい合体をはじめて・・・
ここでグランドキング要素を堪能できるとは思わなかった
ありがとうパシフィック・リム、僕はこれで大満足だ
でも合体怪獣、当然ながら強すぎぃ!


合体怪獣に次々と破壊されていくイェーガー
この成す術無しな状態が辛かった
残ったジプシー、右手にロケットオンして仮面ライダーフォーゼになったのは笑った


大活躍の小型機
序盤に登場した手作りイェーガーのスクラッパー
コミカルな動きをするスクラッパー、もしかして元ネタはボスボロット・・・!?
決戦でも重要な役割果たしてくれてよかった


怪獣の司令塔のニュート
さながらブラック司令とか、ジャグジャグっぽい感じ
今回は人に駆使されてる怪獣ってのが前回と違う要素


さりげなく登場してるガンダムの巨大立像
あれはユニコーンガンダム?
EDクレジット確認したらサンライズの版権の表記あったね


ラスボスへのトドメ
これ特攻版のシャインスパークだよね・・・
日本のヒーローものと違い、ハリウッドのヒーロー映画ってラスボスへのトドメって割とあっけなかったり地味だったりするけど、両手の拳でド派手に突撃するの良かった


今回のイェーガーについて
みんなスタイリッシュだなぁと思ってたけど、プロデューサー兼主演のジョン・ボイエガの意見が反映されてるらしい
確かに、10年経てば技術も上がってるし、速く動けるようになってるのも当然
更にジョン・ボイエガもオタクらしく、進撃の巨人の要素を取り入れたとの事


続編の可能性
捕まえたニュートに宣言した、次はこっちから攻める的な発言
続編の可能性は大いにありだな
今回は合体怪獣に蹂躙されたから、次回はいよいよ合体イェーガーの可能性も・・・!?
むしろ複数のビークルが合体するタイプのイェーガーとか出ないかなぁ
あんまり変形とかやるとトランスフォーマーと被りそうなのがネック




全体的に見て、僕はもう大満足
ライバル機、合体怪獣がとにかく日本の特撮・ロボアニメ感があって最高だった
これだけでも前作以上に褒められると個人的には思います


でもSNSなどで意見を見ると、結構賛否両論だなぁと
巨大ロボが巨大ロボと戦う、巨大ロボが巨大怪獣と戦う、これに何の不満があるのか
確かに、前作のような泥臭さとかは少ないけど、これでもか!って巨大ロボ戦見せてくれたのは感謝しかない
ストーリーが雑って言われるけど、巨大ロボ戦の理由付けになってれば十分
ガルパン劇場版で、また廃校の危機かよ・・・ってガッカリしたタイプの人にはオススメしないかも






20180410写真 2018-04-14 8 03 44




コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

変態王マックス

Author:変態王マックス
To LOVEると特撮と模型が好きです
特に西連寺春菜ちゃんが死ぬほど好きです

※管理人よりお知らせ
過去記事の写真がおかしくなってる場合があります。
その際はこちらで修正しますので、もし見つけたらコメント等でお知らせ下さい。
ご協力宜しくお願いします。





Twitter:
ブログ更新通知
@TL_VS_H
https://twitter.com/TL_VS_H

変態王マックス
@hentaio
https://twitter.com/hentaio

あくせすかうんたー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ド級編隊エグゼロス関連記事
ダリフラ感想記事
To LOVEるフィギュア関連
検索フォーム