To LOVEるダークネスとエグゼロスの展示を求め、大阪に向かってみた

-火星で発見されたパンドラボックスが引き起こしたスカイウォールの惨劇から10年
我が国は東都、西都、北都の三つに分かれ、混沌を極めていた-



「へんったいブログ管理人の変態王マックスは、以前書いた記事の下、パンドラボックスがあると言われる西都に向かう事に」
m_map2.jpg
「しかし!北都よりの東都市民の俺、夜行バスの予約が取れなかった!」
「そんな時、俺の脳裏に飛行機という単語が」
「ウッヒョッヒョー!こうしちゃいれない、早速予約して飛行機で西都に向かうぞ!」
写真 2018-04-07 7 49 38
「さぁどうなる第○○話!!」




20180410DSC_0643.jpg
パンドラボックスの在り処は、ここか・・・
(アニメイト大阪日本橋O.N.SQUARE)






ってな訳で、前置きが長くなりましたが、茨城県民の僕が、大阪府のアニメイトまでTo LOVEるとエグゼロスの展示を目当てに行ってきました
写真 2018-04-07 10 51 24
移動6時間、滞在6時間で帰りましたが()



会場は、アニメイト大阪日本橋店さんのイベントスペース的な場所
隣はCCさくらコラボカフェやってたので、店内にはCCさくらの懐かしい音楽が流れてました
全くTo LOVEる感無かったのは言うまでもない(なお、CCさくらは昔好きだったので、懐かしい気持ちに浸りながらTo LOVEるを凝視するという妙な事態に)
20180410DSC_0644.jpg
20180410DSC_0645.jpg
会場内はこんな感じです
※撮影許可得てます



20180410DSC_0664.jpg
20180410DSC_0665.jpg
複製原画はこちら
いやぁ複製とは言え、原画を見ると矢吹先生のスゴ業をビンビン感じ取れる・・・
トーンの貼り方削り方、その辺がハッキリ見えて面白い
他の作家さんの展示もそうですが、やっぱりSQとは言えジャンプ、みなさん凄すぎるわ




20180410DSC_0656.jpg
20180410DSC_0657.jpg
To LOVEるダークネスのパネル展示
スチロールのパネルにイラストが印刷されています
しかし、印刷は非常に綺麗なので、画集より大きめなイラストが拝めます
20180410DSC_0681.jpg
こういうフェチな部分もよく見えます
モモちゃんの唇がセクシーすぎて近くで見てたらちょっとだけ勃起しました(会場内)




20180410DSC_0667.jpg
エグゼロスのパネル展示
めっちゃキララ推しです
紫子様のイラストも間近で凝視したかったな・・・



なお、とらダー、エグゼロスのパネル展示は大阪だけです
遠くの方は無理に行く必要無いと思いますが、関西圏の方は是非





20180410DSC_0646.jpg
矢吹先生に纏わるものの展示があります
これも大阪限定
To LOVEるダークネスってもう連載終わって1年経ちますが、今でもこうして展示されてる・・・
やっぱり矢吹先生がSQに与えた功績って凄いんだなぁ
連載再開しましょーよー


20180410DSC_0647.jpg
きただ先生の色紙や他のSQ作家さんの展示もありますが、ここは矢吹先生のウェイトが高くなってます



20180410DSC_0680.jpg
まずは悟空さのフィギュア
矢吹先生の仕事場にずっと飾ってあったらしいです
602116703.jpg
商品特定しました、プライズ品ですね
いやぁしかし、プライズとは思えない出来の良さと迫力で、そりゃ矢吹先生も気に入るわ・・・ってなりました




20180410DSC_0675.jpg
黒猫からとらダー最後まで、アナログ時代の矢吹先生が愛用していたと言われるペンとホワイトの瓶
近くにいた濃いTo LOVEるファンのおっさんから解説を受けたのですが、この瓶に何故か賞味期限が書いてあります
それもそのはず、これプリンの入れ物らしいです
プリンの入れ物をそのままホワイトの瓶に使う、あえて専用の物を買わずにこういうので賄う、ある意味プロらしい感じがしてカッコいいですね
素人であるほどこういうのに拘り持って高いの買いがちなイメージなので




20180410DSC_0679.jpg
これが噂のトーンのリストか
ジャンプ流でも話してたのですが、このリストを下にスタッフに指示していたらしいですね
矢吹先生が感覚で指定するのだから、画力だけでなくセンスも神クラスなんだろうなぁ
僕ら素人じゃ、どこにどれ使うと効果的とか、そのへんサッパリだもんなぁ



20180410DSC_0678.jpg
To LOVEるシリーズを盛り上げた要素の一つと言って過言ではない、乳首トーン
しかも使いかけのもの
これは貴重だ・・・
これで僕らの股間を熱くさせる乳首を作っていた、と
いいもの見れたサンキューアニメイト・・・




そしてこれも超貴重
20180410DSC_0652.jpg
カレンダーの描き下ろしイラストのラフ
すげえよ、さらっと描いたであろうラフでも女体が表現されててこれはシコい・・・
特にこのララの女体が凄くエロい

あれ?そいや1人足りない・・・
写真 2017-09-29 21 37 04
【悲報】ルンちゃん、矢吹先生にも省られルンされかける
原作でされちゃったらメディア展開もそりゃ省かれるわ・・・
書き足されて良かったね、ルンちゃん





20180410DSC_0676.jpg
20180410DSC_0666.jpg
会場のど真ん中には、To LOVEるダークネス関連書籍を中心にSQ本誌と最新単行本が置いてあります
ここに来ればTo LOVEるダークネス関連の書籍では不自由しなさそう
いいですよね、大半がTo LOVEるの島
見てて壮観ですわ

あと、一緒に置いてあって良かったですね、くろは先生




で、ここで1000円以上のお買い物をすると、好きな絵柄の色紙が貰えます
写真 2018-04-09 20 34 45
写真 2018-04-09 20 35 29
とりあえず1枚ずつ貰いました
To LOVEるの絵柄は何度も見てますが、まぁ限定グッズとしてもらえるってなると嬉しいですね
エグゼロスはまだあまりグッズが無いので、貴重なレアグッズとなるでしょう



更に、現在アニメイトでは矢吹先生のフェアが実施中
To LOVEる関連およびダリフラの書籍1冊ごとにゼロツーのミニ色紙が貰えます
とりあえず有害指定同級生を1冊買い、To LOVEる関連の書籍を適当に買った結果・・・
写真 2018-04-09 20 34 25
僕はイチゴちゃんの絵柄がいいんですけおおおおおおお!!!!!!!015!!!!!!!
おっと、ゼロツーという完全勝利者を見るとクソコテになってしまう悪い癖が
まぁ矢吹先生の描くゼロツーは良いと思います





ってな感じのSQ10周年の展示でした
来て正解でした、マジで
とりあえず普通に行ける距離にある方、是非行って下さい
特に関東民に恨みを持ってる関西の方、ここで行ってやってドヤ顔してやりましょう
ま、僕は関東民ですが行きましたけどね!!(ドヤ顔)





日本橋のオタロードも魅力的でもう少し滞在したかったのですが、折角なので梅田のジャンプショップにも足を運んでみました





写真 2018-04-07 13 16 11
(西都名物の粉物で休憩)
いやぁ、粉物なのにビールとベストマッチ!すぎて杯が進む進む(昼から酒呑んでるやつ)
ある意味、大阪遠征はこれでかなり満足した感がある(待て





写真 2018-04-07 14 31 18
つー事でジャンプショップ梅田に



写真 2018-04-07 14 31 52
普通にいるちゃんモモ!!
これ等身大ポップですが、柱に貼り付けてあります
要するに移動が難しく、実質的にジャンプショップ梅田のご神木

ジャンプショップ梅田に行けば、ちゃんモモに会えますぞ!!




写真 2018-04-07 14 35 00
あ、これって全店で売ってるのか・・・
まぁこれコスパ悪すぎるグッズだし、そりゃ信者にしか売れないわな・・・




逆にコスパ良すぎるクリアファイルは
写真 2018-04-07 14 34 41
ス タ ッ フ お す す め
ジャンプのコンテンツ内でもTo LOVEるは男性向け特化で人気も凄い
そりゃオススメになるわな・・・







で、漫画家業20周年の矢吹健太朗展はいつやるんですか??(その前にジャンプ展があるやろ!!)

コメント

No title

悟空さって呼んだって事は結構ドラゴンボール知ってるんですねw

No title

どうでもいいけど茨城県民言ってる割には赤い矢印の先福島県だよな。宮城はいってないとおもうが.....w

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

変態王マックス

Author:変態王マックス
To LOVEると特撮と模型が好きです
特に西連寺春菜ちゃんが死ぬほど好きです

コメント、相互リンク、トラックバック大歓迎です!



Twitter:
ブログ更新通知
@TL_VS_H
https://twitter.com/TL_VS_H

変態王マックス
@hentaio
https://twitter.com/hentaio

あくせすかうんたー
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する